腸に良い食事を摂ろう!「本当に体にいい食べ物とは?」腸内フローラを作る食事

本当に体にいい食べ物とは?

 

私の知り合いのプログラマーのKさん。
とっても真面目なおじ様で60歳を超えているというのにパソコンの達人。
私がいつも困った時に、泣きついて無理難題をなげかけてもすぐに解決してくれます。

 

でも実は健康オタク。
仕事の用件が終了すると、必ず「待ってました!」とばかりに昨夜の健康番組について語り始めます。

 

「昨日の番組で実は卵はコレステロールに悪くないってやってましたよ。90歳を過ぎているおじいさんが毎日卵3個食べてるから元気だって!僕はコレステロール高いから卵止めてたのに・・・もう早く言ってよ〜〜」

 

あははは・・・
またまた極端なんだから。
確かに卵は良質なタンパク源だけど食べ過ぎもねぇ。
1人が大丈夫でも99人が悪ければ、体にいいとは言えないんですけど。

 

毎日、健康番組でアレがいい、コレがいいと「からだにいい食べ物」は変化しますが、人間の体は変化していないので流行にまどらわされず、基本をおさえることが大切なんですが・・・
まあ、でも私的にはKさんの反応が楽しいからいいけど。

 

「で結局、良子さんはなに食べてるのよ?どうしたら健康診断でオールAもらえるようになる?」
私?う〜ん、べつに普通よ。
毎日ほとんど自分で作った簡単ご飯。
でも育ち盛りの子供と大人(主人の体重は右肩上がり)がいるからバランスは気を付けているけれどね。

 

「それブログに載せてよ。楽しみにしているからね」
えええ〜。プレッシャーだなあ。
たいしたモノ食べてないから期待しないでね。

 

 

メインはイワシ。オメガ3がたっぷり

 

本日のメインは8匹380円にイワシ。
シュンだから安くて美味しいよね。
週に3日は青み魚は食べるようにしています。良質な飽和脂肪酸とタンパク質補給のためにね!

 

 

新生姜をたっぷりいれて甘露煮にしよう。
新生姜ショウガオールという辛み成分が代謝にいいんですよね。

 

 

圧力鍋で約20分。
簡単だし美味しいよ。

 

 

肉がないとクレームが!

 

高校生の男の子に魚だけをだすとクレームのあらしが。
だけら魚を出す日は結局お肉もつけることに・・・
塩麹を使って発酵食品にしてみました。
20分くらいつけるだけで軟らかくうま味がでます。

 

 

 

どんな野菜を付け合わせるの?

 

沢山のお野菜が食べられるように塩分控えめの浅漬けをよく作ります。
本日は、人参、キュウリ、ミョウガ、キャベツ、ショウガを塩昆布で揉み込みます。
塩昆布って便利ですよね。

 

 

我が家に必ず登場する「ぬめり系野菜」。
本日はモロヘイヤです。固い茎のところをとって茹でるだけ。
鰹節とまぜておひたしに。

 

 

本日の胃腸家の夕食。
色気がない食卓だこと
写真も下手くそでごめんなさい。

 

Kさん、今度はもっと手の込んだものをブログ用に作ります。
でも体にいい食べ物とは、豪華な食材ではなくシンプルなもの。
毎日バランスの良い食事を続けることが一番です。
卵はやはり1日に1個くらいがいいと思いますよ〜

Follow me!