善玉菌ってどんな菌?【お腹にいい菌大集合】乳酸菌とビフィズス菌の違いとは?

善玉菌ってどんな菌?

人の腸内には1000兆個、3万種類の腸内細菌が生息しています。
重さにすると約2キロ。

腸内細菌は性質の異なる3種類の菌で構成されています。悪玉菌、善玉菌、日和見菌が、お互いにバランスを保ちながら生息しています。

それでは、いったいどんな菌が善い菌なのでしょうか?
善玉菌を大まかに分類すると以下の様になります。

◆ビフィズス菌
・ビフィダム菌
・ロングム菌
・ビリーブ菌
等他多数
◆乳酸菌
・アシドフィリス菌
・ラクトバチルス菌
・クレモリス菌
・フェカリス菌
・ガセイ菌
・乳酸球菌
・乳酸桿菌
等他多数
◆その他の善玉菌
・酵母菌
・納豆菌
・麹菌

乳酸菌とビフィズス菌の違いとは?

◆ビフィズス菌
1899年、フランスのパスツール研究所で乳幼児の便中から発見されたV字やY字型の細菌です。
ビフィズス菌は、乳糖やオリゴ糖などを分解して乳酸や酢酸を産生します。その大きな目的は腸内のPHを低下させ腸内の環境を整える事にあります。
また、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンK等を腸内で生成させます。

正常な母乳栄養児のフローラはビフィズス菌が極めて優性であるのに対して、人工栄養児のフローラは様々な菌から成り立っていることがわかっています。

 

◆乳酸菌
乳酸菌とは特定の菌種をしめすものではなく、その性状に対して付けられた名称です。
発酵によって糖類から大量の乳酸を産生し、腐敗物質を作らない物が一般に乳酸菌と呼ばれます。形はビフィズス菌と違い球状もしくは桿状です。
乳酸によって食品のPHが酸性に偏ることで、食品の腐敗を防ぐという特徴があります。
乳酸菌を含む主な食品はヨーグルト、乳酸菌飲料、味噌、キムチ、納豆、チーズ、などが挙げられます。

Follow me!