歳と共に下っ腹が出るのはなぜ?「落下腸と便秘の関係」肌がたるむと同時に腸もたるむ!

歳と共に下っ腹が出るのはなぜ?

 

私はお風呂に入る前に、必ず横を向いて「下っ腹チェック」をします。
「太ったか?」という心配もありますが、「腸が下垂していないか?」を観察するためです。
胃腸に食べ物が入っている状態にあるとき、どこが出ているのかをみると、胃が下垂しているのか?それとも腸が下垂しているのか?わかるようになります。

 

温泉などで見かけるけど、おばあちゃん達って下っ腹が出ているでしょ?
太っている人だけではなく、痩せている人も。
あれって腸がたるんで下がってしまっているからなの。
できるだけその「たるみ」を食い止めるよう、体型チェックしているわけなんです。

 

普通、みんな顔のたるみだけ気にするでしょ?
でもそれだけじゃダメダメ。
内臓のたるみも気にしなきゃね。

 

腸のたるみは「老けの元凶」です。
本日は、腸がたるむ原因と対策を一緒に考えてみましょう。

 

 

 

イレウス(腸閉塞)で入院した女性の話

 

私が消化器病棟にいたころです。
1人の50代女性が緊急入院してきました。
ゲーゲーと吐きながら真っ青になり苦しんでいます。口からは便臭のする腸液を大量に吐いていました。

 

彼女の病名は「便秘による腸閉塞」。
10日以上まともに出ていない状態で普通の食事を続けていたため、腸が通過障害をおこし、消化物の逆流が起こってしまったのです。

 

3日間絶食をし、チューブで胃液や腸液を吸収し、浣腸をかけて便をだして、やっとなんとか腸は通過ができるようになりました。鼻から「イレウスチューブ」という腸の内容物を吸引するチューブを入れる処置を受けると、たまっていた食物残渣を取り除くことができてかなり楽にはなります。しかし、チューブを入れたままの生活はとても苦しく、管を抜いてあげた時には涙をながして喜んでいました。

 

 

腸も老化し動きが悪くなる

 

この女性は、なぜこのような酷い状態になってしまったのでしょう?
だいたい女性は40代後半ぐらいから、下痢も便秘もしやすくなります。もともと便秘症や下痢症の人はなおさらです。腸内細菌のバランスが崩れたり数が減少すると便秘や下痢は起こりますが、もう一つ大きな原因が大腸の活性低下、つまり腸の動きが悪くなることなのです。

 

大腸は、約1.5メートルの長さで、5ヵ所の曲がり角をつくることで骨盤内に収まっています。特に左右のわき腹の肋骨下あたりは、ちょうど吊り橋の橋と橋のような感じで、端っこだけ腹膜にくっついて腸をつまんでいる状態なのです。加齢によってお腹の筋肉が衰え、内臓を包んで吊り上げている膜もたるんでくると、腸の下垂が起こります。腸が全体的にダラーンと垂れてしまうのです。

 

年齢と共に顔の皮膚がたるんで下がってくるのと同じように、腸もたるんでくるのです。

 

胃下垂は聞いたことがあると思いますが、大腸にも下垂は起こります。その下垂した腸が下っ腹にたまり、お腹がぽっこり出てきてしまうのです。

 

こうなると、腸に貯まっている消化物は停滞しやすくなるし、曲がり角には空気が溜まりやすくなって、大腸全体の動きが鈍くなり便秘になりやすい状況が生まれてしまいます。

 

 

 

落下腸を防ぐためには腹筋が大切!

 

いろいろな対策をしても便秘が治らない人、細いのに下腹がぽこっと出ている人は、「便を押し出す力の不足」が便秘の原因かもしれません。

 

便をスッキリ出すカギとなるのが、S状結腸の周囲にある深層筋「腹横筋」。
腹横筋は、お腹の内臓を包みこむ筋肉ですが、この筋肉が衰えると便秘の原因に。

 

 

下っ腹の筋肉ね!
腹筋をすれば良いんでしょう?いいえ、通常の腹筋だと腹直筋の上の方から順に働かせていくので、下の方までは効きません。

 

しかし、レッグレイズのような「脚上げ腹筋」のような運動であれば、腹直筋の下から上に順に効いていきます。寝たままでの姿勢はもちろんですが、イスに座って両脚をつけた状態から太ももを浮かせる動作でも、同じように腹直筋を鍛えることができます。

 

 

これならちょっとした合間にできそうですよね。
1日10回くらい続けるだけで、「ぽっこり下っ腹」は解消出来ますよ。
年齢と共に衰える「うんちを出す力」、取り戻してくださいね(*^O^*)

 

 

ナースキュアビフィズス菌BB+オリゴ糖のご購入はこちらから

Follow me!