脱水で我が子を失わないために「脱水症状で下痢が起こるメカニズム」深刻な脱水のサインとは?

image1 e1532040192350

脱水で我が子を失わないために・・・

 

「熱中症で小学1年生が死亡」
考えてみて下さい。
朝、「行ってきます」と、出かけて行った我が子が帰ってこない。

 

なぜ?どうして?
悔やんでも悔やみきれないことでしょう。
たかが熱中症?たかが脱水?
死んでしまうほど重症になった理由は?

 

ここ最近、私が熱中症や脱水の記事ばかり書いているのは、それほどいま大切なテーマだからです。
この地球の環境が変わり続け、温暖化が進み、夏場の猛暑は深刻になっています。
自分の大切な家族が、友人が、「水分不足」で命を落とすことがないよう、少しでも皆様に予防手段を持っていただければと思います。

 

昨日は、脱水と便秘をテーマにお伝えいたしました。
本日は、脱水と下痢についてまとめてみたいと思います。

 

 

脱水のサインを見逃さないで!

 

子供が学校に行く前、家族が出かける前、「脱水の予兆がないか?」ちょっと気にかけてみて下さい。

・なんとなく元気がない
・朝食を食べない
・暑いのに汗をかいていない
・皮膚にハリがない
・いつもより水分を摂らない
・便が出ない
・尿の色が濃い
・暑いのに汗をかかない
・唇が渇いている

 

ひとつひとつの症状はたいしたことが無いかもしれません。
しかし、脱水の症状が少しでも見られたら対策を考えなくてはいけません。

 

 

脱水でなぜ下痢が起きるの?

 

体が水分不足のまま、この高い外気にさらされるとどうなるのでしょうか?

 

高温の中で脱水症状が進むと、熱中症になってしまいます。熱中症では、体温を一定に保とうと調節機能が働いて汗をかき、熱を放熱しようとするものの、体内の水分が不足して発汗による調節が上手く働かない状態にあります。

 

脱水が原因で熱中症が進行すると「下痢」が始まります。

 

これは脱水により腸粘膜が正常に働かなくなり、いくら口から水分を摂っても腸管を通過してしまうからです。熱中症の重症度でいうところの中等度にあたります。
このような状態になってしまうと、いくら口から水分摂取をしても脱水は改善されないため、すぐに医療機関に受診しましょう。

 

 

脱水予防は外出前から

 

体に十分な水分を蓄えるためには、外出前からしっかりと水分を摂ることが大切です。
朝食に味噌汁やスープなどの「塩分」が含まれるものを取り入れると良いでしょう。
これだけで「パンだけ」「おにぎりだけ」の朝食よりも効果的な脱水予防になります。

 

脱水予防はこちらも参考にして下さい⇒自分でできる熱中症予防と対策「脱水が起きるメカニズム」朝ご飯が体の水分チャージ

 

こんな症状が見られたら外出を控え、すぐに休息をとるようにしましょう。

・元気がない
・口数が少なくなった
・顔色が悪い
・尿が出ていない

まずは涼しい部屋に避難し、氷枕や氷嚢で首や脇の下などを冷やして体に溜まった熱を取り除いてあげてください。

 

そして水1Lに砂糖大さじ3杯、塩小さじ0.5杯を混ぜて、少しずつ口に含ませてあげます。

 

重症時には、意識がもうろうとする、返答がおかしいなどの意識障害や、歩行ができないなどの運動障害が現れ始めるようになります。そのような症状を放置すると重症になることがありますから、早期の対応が不可欠と言えます。

 

「あのとき、もっと気にかけてあげるべきだった・・・」
小さな症状を見逃さないためにも「朝のゆとり」が必要かもしれません。
朝食は一日の大切なスタート、出かける前の水分補給を心がけてくださいね。

 

昨日の胃腸家の朝食は「しじみ汁煮麺」+フルーツ。
食べる熱中症予防です。

 

image1 e1532040192350

 

 

ナースキュアビフィズス菌BB+オリゴ糖のご購入はこちらから