慢性の下痢は腸内フローラが原因!「下痢は腸が泣いているサイン」下痢の原因とは?

下痢の原因とは?

 

下痢の原因には色々ありますが、大きく分類するとこのような原因が考えられます。

 

 

①クローン病
腸の粘膜がただれて潰瘍を起こす原因不明の難病です。腸の粘膜検査をすると確定診断ができます。おもな症状は下痢、下腹部痛、粘液様水溶便などです。
原因はよくわかっておらず、10代から20代の男性に多いです。

②潰瘍性大腸炎
大腸の蠕動運動、および分泌機能の異常で、腹痛、便秘、下痢などの症状を引き起こします。ストレスが過敏に腸に影響してしまいます。

③消化不良
胃酸の分泌を抑える薬の長期服用により、胃酸の分泌が減り、悪玉菌が増殖し腸内細菌のバランスが崩れることもあります。

④食事の偏り
暴飲暴食、アルコールの採り過ぎ、辛い物などの刺激の強い食品、脂肪の多い食品によって胃酸の分泌が乱れ、消化酵素を分泌する膵臓の働きも低下し、消化不良を引き起こします。

⑤遅発型アレルギー
 食物アレルギーには即時型と遅発型があり、即時型は食べてすぐ蕁麻疹や喘息などの激しい症状などを引き起こすため、自覚しやすいアレルギー。これに対して遅発型アレルギーは食べ物を摂取してから24~72時間後に症状が現れ、それほど強い症状ではないため、多くの人は気がつきません。そのため、その食品を食べ続け腸内環境を悪化させてしまうことも!ビールがアレルギーの原因だった!なんて例もあるのです。

現在、アレルギー外来などで保険適応になっている検査は即時型のみです。抗加齢外来(ネーミングが・・・美魔女外来なんてどう?)などで自費検査が受けられます。一度調べてみると安心かもしれませんね。

⑥腸内フローラの乱れ
腸が内容物を早く排出しようとする大きな原因の1つは、腸内が悪玉菌優位になっていることが挙げられます。

人間の腸の温度は約37度で維持されています。食べた食べ物の消化物は腸の中で発酵が行われます。腸は小腸6〜7メートル、大腸1〜2メートルと長い発酵器の役割を果たしています。
腸の動きや細菌バランスが悪いと十分に食べ物が分解されずに魚や肉などのタンパク質から毒素が発生します。

この毒素が下痢の原因になるのです。

 

 

ナースキュアビフィズス菌BB+オリゴ糖のご購入はこちら

Follow me!